思い出でつむぐ75周年

清泉小学校での思い出の資料をお寄せください

2022年、清泉小学校は75周年を迎えます。
横須賀の地に学校法人清泉女学院として小中学校が1947年に開校され、今や小学校の卒業生は8000人を超えました。このたび75周年を迎えますのも、皆様のご支援の賜と心より感謝申し上げます。

創立当時の横須賀の時代、お山の学校から始まった鎌倉の時代、校舎や講堂・体育館そして三浦自然教室が整備されていった時代。どの時代にも同じ制服を着て生き生きとした笑顔を浮かべる子どもたち、ベールをまとったシスター方のやさしいほほえみがあります。
その笑顔やほほえみにつながる思い出は清泉ファミリーの数だけあると考えると、改めて75年の重みを感じます。
この75年の歴史を皆様と共に振り返り、将来への長きにおいても本校の新たな歴史が刻まれることを願って、この75周年を大切な年としてお祝いしたいと考えております。
今後、75周年準備委員会は周年事業の一環としての様々な営みを内外に発信して参ります。どうぞご支援・ご協力いただけますようよろしくお願い申し上げます。

また、75周年準備委員会は、周年記念行事の大きな柱の一つとして記念誌の編纂を考えております。記念誌は年表のような単なる歴史的事柄の列挙ではなく、それぞれの時代に清泉で送られた原風景を思い出として積み重ねる形で編集してまいります。

そこで、卒業生の皆様にお願いがございます。皆様の清泉小学校での思い出の資料をお寄せください。募集する資料は、当時の写真をはじめ、修学旅行や運動会などの行事のしおりやプログラムといった紙に記されたものとさせていただきます。紙面の都合上、全ての資料を記念誌に掲載することは叶いませんが、準備委員で貴重な資料として整理させていただき、75周年記念式典などの様々な機会に皆様にご覧いただければと考えております。
お寄せいただいた貴重な資料は、全てデータ化し保存したうえでお返しいたします。
75年という年月の長さを考えると、草創期から今に繋がる原風景を一つにまとめる最後の機会だと思います。たくさんの貴重な思い出をお寄せください。

思い出の資料募集期間

2018年9月18日(月)~2019年3月
詳細は、9月にHPでお知らせいたします。

お寄せいただきたい写真の例

清泉小学校の歩み

ページの先頭へ